féu mito 制作記録 feumito.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

féu mito (フ ミトと読みます) イラストを描いたり、こぎん刺し・織り物・編み物などの制作を記録しています


by feu mito
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

布の厚み


e0317769_1935470.jpg

前に少し書いたのだけど、こぎん刺しに使う布探しと糸探しが大変です
布は、よく初心者向けこぎん刺しキットとして売られているコングレスという1㎝に7目の布が多いのですが、刺し易いけど、布が厚いので、その後小物を仕立てにくい

私が使っているのはベルギーの刺しゅう用の布で、1㎝に8目と10目の2種類を使っています
当然10目の方はモドコ(基本模様)が小さく出来上がるので、刺すモドコで布を選んでいます
そして当然10目の方が布も薄くなるのだけど、そこを考えるのを忘れていて失敗してしまいました

クルミボタンに仕上げる時に、布とボタンの間に、ボタンサイズに円く切ったフェルトを1枚入れて、少しふっくらするように仕立てるのですが、‥これはクルミボタンの銀色の金属が見えないようにもなるので一石二鳥‥かと思いきや、布が薄かったのでふっくらと行かずに、フェルトを当てた部分が段になってしまいました (写真では分かり難いですが)

ちなみに糸は刺し子用のを使いました
これは正解

色々失敗続きですが、ボチボチやります
刺しゅう自体は失敗ではないので、ボタンを作り直そうと思えばできます(仕上げてしまったクルミボタンは、もう分解できないので、やり直すにはボタンを壊すしかないのですが、ボタンを壊して布が無事ならまた同じサイズのボタンが作れます、が、これは自分用にブローチに仕上げて使おうかと思ってます

追記
この後、フェルトより薄いフランネル生地を使ったら上手くいきました


[PR]
by feu-mito | 2013-08-28 20:06 | こぎん刺し