「ほっ」と。キャンペーン

féu mito 制作記録 feumito.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

féu mito (フ ミトと読みます) イラストを描いたり、こぎん刺し・織り物・編み物などの制作を記録しています


by feu mito
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

カテゴリ:こぎん刺し( 81 )



e0317769_15262070.jpg雑貨屋さんで、こぎん刺しのクルミボタンを買ったのをきっかけに、自分でも作ろうと思い立ち、色々調べて作り始めることにしました。

写真は、はじめて作ったクルミボタン。
(何ともヘタで恥ずかしい。けど、これを見て自信を持てる方は多い事でしょう)

まず、小さな物から作ろうと思い、ネットでこぎん刺しのストラップキットを注文しました。
が、届くまでに時間がかかる事がわかり、その間にネットでこぎん刺しについて調べて‥なかなか刺繍を始められずにいました。

ついに我慢できず、布屋さんでみつけたこぎんコースターキットを購入。
もう直ぐストラップキットが届くはずだけど、両方あってもまぁいっか。

結局、コースターキットを始める前に、注文してあったストラップキットが届き、キットに付いていた型紙と、図書館で借りてきたこぎん刺しの本 ※1 とをにらめっこしつつ、簡単なモドコ(モドコとは基礎の模様「基(もと)っこ」→「モドコ」)から刺してみました。

これは おもしろい!
本当はストラップと、コースターを作る為のキットだったけど、その布を全てクルミボタンに変更して刺しました。

ストラップの布で、ボタン3つ分
コースターの布で、ボタン5つ分を一気に刺して、クルミボタンを手作りするセットも買い揃え、いざ!クルミボタンに仕立てるぞーー!

と、布を円く切り、ボタンを‥あれ?ボタンを‥あれれ?ボタン作りたいんですけど、布がぶ厚くて作れませんっ!

こぎんキットの布はコングレス1100と言う布ですが、刺繍をやった事がある方はご存知かと思いますが、かなり厚い布です。

力技で何とかなるか?と思い、力いっぱい押し込もうとしたら、クルミボタンのセットが歪んでしまいました。
私が強力なのではなく、ボタンセットがアルミなので柔なのです(涙)

うーん。この8個分の刺繍は‥
クルミボタンが作りたくて始めたのに、作れないとあっては一気にこぎん熱が‥冷め始めました(早っ!)
布のまま放置されること数日‥。

最後にもう1度・・と思い、今度はゴム金づちを使い、思いっきりバコン!と叩いたら、

入った!

できたできた!ボタンができた!!(こぎん熱復活 単純っ!)

しかし、よく見たら、クルミボタンはドーム型にまあるい形ですが、金づちで叩いて入れたので、平らになってしまいました。
何と言うか、バーガー用のパンが、イングリッシュマフィンになってしまったと言う感じ。

それでも、やっと出来上がったクルミボタン。
このボタンが出来ていなかったら、こぎん刺しは続かなかったことでしょう。
この後、たくさん刺したので、順に写真を撮っていきます。

※1
借りた本は
「はじめてのこぎん刺し」鎌田久子 (著)
初心者向けに、分かり易く説明されており、参考になりました


[PR]
by feu-mito | 2013-04-03 15:52 | こぎん刺し