「ほっ」と。キャンペーン

féu mito 制作記録 feumito.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

féu mito (フ ミトと読みます) イラストを描いたり、こぎん刺し・織り物・編み物などの制作を記録しています


by feu mito
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2013年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧



5月1日(水)~ 5月15日(水)まで
奈良の富雄の チロル にて開催の「夏を先どりTシャツフェスティバル」に参加させて頂きます。

チロルは、古道具とカワイイ雑貨のお店です!
e0317769_22192564.jpg


私は、4枚作りました
ステンシルで描いたので、3枚は同じ絵の色違い
あと1枚(紺色)は、少しだけ違うけど、ほぼ同じ絵です
e0317769_20291323.jpg

紺色だけ、腰がくびれたデザイン
女性用のMLサイズくらいで、身長169㎝の私が着ても、おへそが出ません!

とても楽しく描かせて頂きました
機会を下さった、チロルさんそしてosacoさんに感謝!


[PR]
by feu-mito | 2013-04-27 22:19 | イラスト

e0317769_22393453.jpg写真を撮るのが難しくて、特に夜に撮るのは無理なので、試しにスキャナでスキャンしてみました。
が・・・せっかくスキャンしたので載せますが、これはやはり今度昼間にちゃんと取り直した方がよさそうですね^^

1㎝7目の布に刺し、直径3センチのクルミボタンに仕上げました(左上以外)
真ん中の左のモドコがお気に入りです。
「猫の足」と言って猫の肉球みたいに見えるはずなのですが、3センチのクルミボタンでは、周囲が欠けるので、分かり難いですねー残念。今度違う写真をUPします




[PR]
by feu-mito | 2013-04-21 22:57 | こぎん刺し

布探し


e0317769_1839119.jpgクルミボタンが作り易い布を探しています。
ある程度張りがあり、でも厚すぎず、刺し易い布がいいのですが、これが難しい。

1㎝で8目の布を使っていますが(右下)、やや布が厚いので、1㎝10目(左)の布で刺してみました。

以前刺した時は、こぎん刺し用の糸を4本取りにして刺してみましたが、こぎんの特徴でもある糸がプックリしてかわいい感じが出なかったので、今回は刺し子用の糸(極太)で刺してみました。

なかなか良い感じ。
亀甲模様も小ぶりサイズになるし、こちらの方が好みです。

これは4㎝のクルミボタン(右上)に仕立ててブローチを作る予定です。



[PR]
by feu-mito | 2013-04-15 18:44 | こぎん刺し

ブローチ


e0317769_20355776.jpg
直径が4㎝のクルミボタンです。
裏にピンを接着して、ブローチに仕立てました。

この模様は疋田(ひった)です。
しぼりの柄に一目絞りと言うのがありますが、それに似ています。

さて、イベントが近づいてきました
5/18(土)に、カフェ十八日にて【十八番市(手作り市)】です






[PR]
by feu-mito | 2013-04-14 20:46 | こぎん刺し

石畳の反転


e0317769_22141916.jpg

石畳というモドコです
こぎん刺しは、反転も模様がきれいなので、モドコを反転させつつ交互に刺しました

ちなみに、これは裏返した写真
e0317769_221431100.jpg



[PR]
by feu-mito | 2013-04-10 22:18 | こぎん刺し

表・裏


e0317769_14414923.jpg「亀甲」のモドコです

左の紫色のが表(完成系)
右の青緑色のが裏(刺し途中)です

こぎん刺しは裏から見てもきれいです
裏側もきれいなので、裏でもブローチが作れます

実際、表と裏の模様を組み合わせて刺していくことも出来ます
石畳の表と裏を組み合わせたものを刺したので、今度写真載せます


[PR]
by feu-mito | 2013-04-08 14:52 | こぎん刺し

打ち具は透明が◎!


e0317769_22575713.jpg「梅の花」というモドコです。

が、これは失敗ボタンです。
刺しゅう自体はOKなのですが、ボタンに仕立てる時に、模様の中心がずれていました。

ボタンを作る時に、打ち具を使って作るのですが、真上の白い打ち具では模様が見えず、中心がずれてしまうのです。
両面テープで仮止めして、ずれないように慎重にやったのですが、無理でした。
何度か試みましたが、成功の確率が低すぎで、失敗作を作り続けるわけにもいかないので、諦めて透明の打ち具(左上)を買い、問題解決しました。


[PR]
by feu-mito | 2013-04-07 23:05 | こぎん刺し

梅の花


e0317769_18395719.jpg
「梅の花」のモドコを刺してみましたが、このモドコ少し変化形です。
こぎんは奇数目で刺しますが、これは偶数目も織り交ぜて刺す図案です。
こちらに説明と図案も書いてあったので刺してみました。

相変わらずクルミボタンばかり作っていますが、これは裏に足がなくフラットなタイプなので、ブローチピンを接着して、ブローチに仕立てます。
直径27mm
簡単でかわいいので、初心者向きかも。
色違いで、増殖中。

[PR]
by feu-mito | 2013-04-06 19:16 | こぎん刺し

1日1つ???


e0317769_2141245.jpgクルミボタン熱が冷めない内にたくさん刺そうと思い、1日1つを目標に刺し始めました。

次に刺したモドコは「ウロコ」です
簡単な模様だけど、これ好きです♪

まだ、こぎん2つ目だったので、間違えてはほどき、間違えてはほどきを繰り返し、1時間以上かかったと思います (ちなみにこのボタンは直径27mmです)

初心者向けの本を頼りに刺しましたが、これでいいのか? と途中疑問を投げかけながらも、何とか刺しました。



[PR]
by feu-mito | 2013-04-04 22:29 | こぎん刺し


e0317769_15262070.jpg雑貨屋さんで、こぎん刺しのクルミボタンを買ったのをきっかけに、自分でも作ろうと思い立ち、色々調べて作り始めることにしました。

写真は、はじめて作ったクルミボタン。
(何ともヘタで恥ずかしい。けど、これを見て自信を持てる方は多い事でしょう)

まず、小さな物から作ろうと思い、ネットでこぎん刺しのストラップキットを注文しました。
が、届くまでに時間がかかる事がわかり、その間にネットでこぎん刺しについて調べて‥なかなか刺繍を始められずにいました。

ついに我慢できず、布屋さんでみつけたこぎんコースターキットを購入。
もう直ぐストラップキットが届くはずだけど、両方あってもまぁいっか。

結局、コースターキットを始める前に、注文してあったストラップキットが届き、キットに付いていた型紙と、図書館で借りてきたこぎん刺しの本 ※1 とをにらめっこしつつ、簡単なモドコ(モドコとは基礎の模様「基(もと)っこ」→「モドコ」)から刺してみました。

これは おもしろい!
本当はストラップと、コースターを作る為のキットだったけど、その布を全てクルミボタンに変更して刺しました。

ストラップの布で、ボタン3つ分
コースターの布で、ボタン5つ分を一気に刺して、クルミボタンを手作りするセットも買い揃え、いざ!クルミボタンに仕立てるぞーー!

と、布を円く切り、ボタンを‥あれ?ボタンを‥あれれ?ボタン作りたいんですけど、布がぶ厚くて作れませんっ!

こぎんキットの布はコングレス1100と言う布ですが、刺繍をやった事がある方はご存知かと思いますが、かなり厚い布です。

力技で何とかなるか?と思い、力いっぱい押し込もうとしたら、クルミボタンのセットが歪んでしまいました。
私が強力なのではなく、ボタンセットがアルミなので柔なのです(涙)

うーん。この8個分の刺繍は‥
クルミボタンが作りたくて始めたのに、作れないとあっては一気にこぎん熱が‥冷め始めました(早っ!)
布のまま放置されること数日‥。

最後にもう1度・・と思い、今度はゴム金づちを使い、思いっきりバコン!と叩いたら、

入った!

できたできた!ボタンができた!!(こぎん熱復活 単純っ!)

しかし、よく見たら、クルミボタンはドーム型にまあるい形ですが、金づちで叩いて入れたので、平らになってしまいました。
何と言うか、バーガー用のパンが、イングリッシュマフィンになってしまったと言う感じ。

それでも、やっと出来上がったクルミボタン。
このボタンが出来ていなかったら、こぎん刺しは続かなかったことでしょう。
この後、たくさん刺したので、順に写真を撮っていきます。

※1
借りた本は
「はじめてのこぎん刺し」鎌田久子 (著)
初心者向けに、分かり易く説明されており、参考になりました


[PR]
by feu-mito | 2013-04-03 15:52 | こぎん刺し